【ゲーム紹介】UNDERLORDS(アンダーロード):大人気MOBA系ゲーム「DOTA2」を作った会社のオートチェスゲーム

ゲーム実況
スポンサーリンク

どうもみなさん、いらっしゃいませこんにちは。
もずくです。
今回はゲーム紹介になります。今回ご紹介するゲームは「UNDERLORDS(アンダーロード)」です。


このゲームは大人気MOBAゲームの「DOTA2」を開発した会社が新しく作成したゲームになります。

■ゲーム動画紹介

どのようなゲームか実際に動画を見ていただくとイメージがつきやすいかと思います。

■ゲーム紹介

○入手方法は?

入手方法はSteamというゲームプラットフォームから入手できます。

○価格は?

現在、価格は無料です。早期アクセス版ということでプレイが可能です。
課金要素は今のところ見当たりません。本当にテスト目的での早期アクセスプレイを公開しているという感じです。

○UNDERLORDSってどんなゲーム?

アクティブに動くボードゲームといった感じです。
手持ちのコインでヒーロー(駒)を揃えてボードに置き対戦相手と戦います。戦闘は自動となります。プレイヤーは駒をそろえてボードに配置するまでができることになります。
このようなゲームは「オートチェス」といわれる新しいゲームジャンルです。
また、駒にアイテムが使えたり、揃える駒によってスキルが発動したりします。

○試合の流れは?

試合の流れは以下の通りです。

1.駒を買うor駒をボードに配置するorアイテムを駒に設定する:制限時間24秒
2.戦闘:制限時間27秒
3.アイテム選択:制限時間15秒
  ※3は中立ラウンドというイベントのラウンド後のみに発生

1~3を「ラウンド」としてそれを繰り返していきます。
各プレイヤーは体力を持っています。2の戦闘結果で対戦相手の体力を奪うことができます。体力が0になると対戦相手は退場となります。最後まで生き残ると試合の勝利となります。

○どんな人におすすめ?

戦略ゲームが好きな方にはおすすめです。
麻雀に似ているという評価もあります。それは駒を揃えてスキルを発動させることが麻雀の役を揃えることに例えられているのだと思います。
このことから役を揃えることに面白さを感じる方にもおすすめです。

○何が魅力?何が面白い?

戦略を練ってそれに沿った駒を揃えて結果として戦闘でうまくいった時が面白いです。
戦略は発動させるスキルや使うアイテム、駒の配置などを考えることになります。これらによって戦いの内容がガラリと変わってきます。
戦略で対戦相手に勝つことが実感できることが面白いです。

○どんな人に向いている?

瞬発的な思考力がある方に向いています。理由は考える時間に制限時間があるためです。その制限時間内に有効な手を考える瞬発的な思考力が必要です。
キャラクターごとの特徴を覚えることが好きな人にも向いています。このゲームではキャラクター=駒です。駒の持っているスキルを覚えることが駒を揃えるためには必要なためです。
対戦相手の駒を読むことが好きな方にも向いています。毎ラウンド対戦相手が変わるのでそれに合わせた駒を揃えることが勝つためには必要なためです。

○よくないところは?

試合時間が長いです。対戦相手をCPU7名でプレイすると1試合が約1時間かかります。
参加人数を絞るとそれだけ試合時間は短くなりますが、そろえる駒が限られるのでそれはデメリットもある解決策です。
1ラウンドごとの制限時間が短いと感じる人もいると思います。じっくり考えたいという方には苦手なポイントになります。
ただ試合全体でみると考える時間は十分にあります。

○協力要素はあるの?

残念ながら協力要素はありません。仮に対戦相手と結託すると恐らくマナー違反になると思います。

○遊べる媒体は?

PC版、Mac版、iOS版、Android版で遊ぶことができます。
どの媒体でも無料で遊べます。

■まとめ

今回は「UNDERLORDS(アンダーロード)」についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか。
にわかに話題となっている「オートチェス」というジャンルに大人気ゲーム「DOTA2」を作った会社が参戦してきました。
話題性もありますし、ゲームとしても十分に面白い内容となっています。
オートチェスというジャンルが今後拡大してくるとこのゲームは覇権を取ることができるかもしれない可能性を感じました。

では、今回もここまで記事を読んでくださいましてありがとうございました。
もしこの記事が面白い、また読みたいと思っていただけましたら幸いです。
色々なゲーム動画をあげてますのでお時間があればぜひともYoutubeチャンネルにも遊びにきてください。

もずくのゲームちゃんねる

もずくのゲームちゃんねるにチャンネル登録

Twitterでもいろいろつぶやいて情報を発信しています。

もずくのツイート


ではでは、じゃあのー

コメント

タイトルとURLをコピーしました