【ニュース雑談】「Friday the 13th(フライデー・ザ・サーティーン) Switchで2019年8月26日発売決定」について

ゲーム紹介
スポンサーリンク

どうもみなさん、いらっしゃいませこんにちは。
もずくです。

本日もゲームニュースについて雑談形式で取り上げていきます。
今回のニュースはこちらになります。

引用:Friday the 13th(フライデー・ザ・サーティーン) Switchで2019年8月26日発売決定

https://www.famitsu.com/news/201906/03177160.html

■記事紹介

今回の記事はPC及びPS4で発売されている「Friday the 13th(フライデー・ザ・サーティーン)」がこの度Nintendo Switchでも発売されるという記事になります。
「Ultimate Slasher Switch Edition」として今までの様々なダウンロードコンテンツを盛り込んだ内容となっているようです。

■ゲーム紹介

〇ゲームのカテゴリは?

非対称型対戦ゲームとなります。非対称型対戦ゲームというのは一方が非常に強力なプレイヤーを扱い、もう一方が非力なプレイヤーを扱う対戦ゲームです。
ゲームバランスをとるために強力なプレイヤー側は一人、非力なプレイヤー側はチームを組んでいることが一般的です。

〇どんなゲームか?

強力なプレイヤーはジェイソンとなって対戦相手を追い詰めていくゲームです。
ジェイソン側のプレイヤーは対戦相手を全滅させると勝利、対戦相手はジェイソンから逃げ切ると勝利となります。

〇どこがおもしろいか?

ゲームの魅力はジェイソン側になるか、逃げるプレイヤー側になるかで変わります。
ジェイソン側は強力なプレイヤーで逃げるプレイヤーを追い詰める楽しさを味わえます。
逃げるプレイヤーは追ってくるジェイソンから逃げるスリルや他のプレイヤーと協力する楽しさを味わえます。

〇ゲーム作成の難易度はどのくらいか?

対戦ゲームなので対戦相手に依存しています。
PCやPS4からプレイされている方とマッチすると経験の差が出るので苦戦するかもしれません。

〇どのような人におすすめか?

このジャンルで有名なDead by Daylightを楽しめた方であれば問題なく楽しめると思います。
このジャンルを遊ばれたことのない方は鬼ごっこが好きな方であれば楽しめると思います。

〇逆におすすめではない人は?

このゲームもDead by Daylightもホラー要素が入っています。ホラー要素が苦手な方にとっては手が出しづらいかもしれません。
このゲームの場合はDead by Daylightよりも少しだけホラー要素はマイルドです。とはいえ残酷描写もあるのでそういうのが苦手な方にはおすすめできないです。

〇どこで購入するか?

パッケージ版・ダウンロード版どちらも販売となります。
パッケージ版で購入される方は小売店で購入できます。
ダウンロード版で購入される方はニンテンドーストアや任天堂ホームページから購入できます。
またCERO Z指定となっております。ご注意ください。

〇価格はいくらか?

税込み5,184円です。

■まとめ

最近はPS4でのヒット作がNintendoSwitchにも移植されるようになってきましたね。
このタイトルが移植されるとは思ってもみませんでした。少し驚きました。
同じジャンルのDead by Daylightも移植されます。Dead by Daylighの方がメジャータイトルなのでこのソフトがどこまで食い下がることができるかも注目です。
ちなみにDead by Daylighは2019年9月24日に発売予定です。
一足早く発売するこのソフトはSwitchではライバルのDead by Daylightよりもシェアを獲得できるかもしれないですね。

では、今回もここまで記事を読んでくださいましてありがとうございました。
もしこの記事が面白い、また読みたいと思っていただけましたら幸いです。
色々なゲーム動画をあげてますのでお時間があればぜひともYoutubeチャンネルにも遊びにきてください。

もずくのゲームちゃんねる

もずくのゲームちゃんねるにチャンネル登録

Twitterでもいろいろつぶやいて情報を発信しています。

もずくのツイート

ではでは、じゃあのー

コメント

タイトルとURLをコピーしました