【ニュース雑談】「DreamsUniverseで誰もがゲーム作りに参加できる」について

ゲーム紹介
Dreams Universe™_20190424055222
スポンサーリンク

どうもみなさん、いらっしゃいませこんにちは。
もずくです。
本日もゲームニュースについて雑談形式で取り上げていきます。
今回のニュースはこちらになります。

引用:『Dreams Universe』では誰もがゲーム作りに”参加”できる!インディーゲーム制作者が実際に触ってみた

https://www.gamespark.jp/article/2019/05/27/89977.html

■記事紹介

この記事はPS4発売予定ソフト「DreamsUniverse」のゲーム紹介記事になります。
こちらの記事ではインディーゲームの製作者が実際にソフトを触ってゲーム開発の一部を手掛けてみたという記事になります。
記事ではゲーム自体の感想、ゲーム作成してみた感想、良い点、気になる点、購入における注意点が記載されています。

■ゲーム紹介

実は私もこのゲームは持っています。このゲームはとても可能性のあるゲームだと感じていますので今回はゲームニュース紹介と一緒にゲーム紹介もしていきます。

私のゲーム実況でもゲーム作成を紹介しています。ゲーム作成に少しでも興味がある方は是非ご覧ください。

〇何ができるか?

ゲーム作成はもちろんのこと、音楽やオブジェクトを作成できます。また、世界中でこのゲームで作成されたゲームをプレイしたり、音楽・オブジェクトを楽しむことができます。

〇どんなゲームを作ることができるか?

どんなゲームでも作れてしまいます。アクションゲームからRPGまで自由自在です。ただ、基本的には3Dの部品でゲームを作成していくので2Dゲームは難しいかもしれません。ただし3Dを2D風にみせることは可能です。

〇どうやって作る?

フィールドに自分の好きなオブジェクトを設置して、そのオブジェクトにロジック(この条件ではこのように動かす・状態を変化させる)を設定していきます。

また、オブジェクトそのものも自分で自由に作成することができます。

〇ゲーム作成の難易度はどのくらいか?

正直に言うと高難易度です。ゲーム的な攻略できないというような高難易度ではなく、ゲーム作成においてやらなくてはならないことが多いため大変時間がかかります。そういう意味で難易度が高いです。

作者のゲームに対するこだわりに応じて難易度がかなり変わってきます。しかし、ちゃんとしたゲームであればどのようなゲームもかなりの難易度になります。

〇初心者がやっても作成可能か?

作成可能です。またゲームが苦手でも作成できます。このソフトでゲームを作成する際に最大の壁は「時間」です。一つ一つの作業はシンプルですが、それが積み重なるので時間が必要になります。

〇どのくらいの時間がかかるか?

作成したいゲームによってかなり変わってきます。ミニゲームでもちゃんとしたものを1から作成する場合は数時間~数十時間はかかります。

〇初心者がゲーム作成する場合のおススメ

このソフトではすでに作成されているゲームをゲームデータとしてダウンロードして自分好みに改造できます。ですので、自分好みのゲームを見つけ出して、それを改造することで簡単に自分のイメージに近いゲームを作成できます。

また、このソフトでゲーム作成をするときにオブジェクトの動かし方や条件が分からないということがかなりあります。そんな時にはほかの方が作成したゲームデータをダウンロードして、わからない部分だけを参考にすることができます。

〇ゲームはどうやって買うか?

PS Storeで発売中です。一応リンクを張っておきます。パッケージ販売はされておりません。

こちらから購入できます。

〇ゲームの価格はいくらか?

¥3,132 になります。新作ソフトとしては半額くらいですね。

〇いつ発売か?

現在発売中です。ですが、数量限定なのでタイミングによっては売り切れているかもしれません。

〇その他情報

アーリーアクセス版になりますので、まだ製品版ではありません。ただ、私が遊んだ限りでは全く不具合は感じていません。

また、アーリーアクセス版で作成したゲーム・オブジェクト・音楽の情報が製品版で引き継げるかどうかが未定となっています。引き継げない可能性もあります。

〇このソフトは買いかどうか?

ゲームを作りたいと思っている方には非常におすすめです。ただし、ゲームを楽しむことだけしたいという方にはあまり向かないかと思います。

■締め

今回の記事では「DreamsUniverse」を触ってみた記事からソフトの紹介をさせていただきました。このソフトはゲーム作成をしてみたいと思われた方にはかなりおすすめです。ゲーム感覚というよりは仕事に近い感覚になります。

このソフトで遊ぶとゲーム開発者の苦労や凄さが少し理解できる気がします。やはりゲームというものは大変な努力の上に成り立っているのだと感じました。

では、今回もここまで記事を読んでくださいましてありがとうございました。
もしこの記事が面白い、また読みたいと思っていただけましたら幸いです。
色々なゲーム動画をあげてますのでお時間があればぜひともYoutubeチャンネルにも遊びにきてください。

もずくのゲームちゃんねる

もずくのゲームちゃんねるにチャンネル登録

ではでは、じゃあのー

コメント

タイトルとURLをコピーしました