【ストーリー解説】#16:GenerationZero(ジェネレーションゼロ)

スポンサーリンク

どうもみなさん、いらっしゃいませ。こんにちは、もずくです。
今回も引き続きジェネレーションゼロというゲームのストーリー解説をしていきます。
今回は16回目の動画となっています。

※このブログは基本的に投稿しているYouTubeのストーリー解説を記事にしています。また動画では語り切れない部分も記載しています。
もし動画がご覧になれない方がいらっしゃいましたら、代わりにこのブログを読んでいただけますと動画の内容も知ることができます。

■前回のおさらい

前回までのおさらいは1つのミッション攻略を攻略しました。
そのミッションとはVon Ulmerさんの家に行き、FOAの54課に入るためのカギを入手するというものでした。
Von Ulmerさんの家は湖の近くにありました。
早速入って手がかりを探していきます。
手がかりを探すとFOAの54課のカギを入手することができました。
また、Von Ulmerさんがどのような人物であるかも分かりました。
Von Ulmerさんは神経学の権威であり国家機密のプロジェクトに所属していました。
そのプロジェクトは機械獣と人間の脳をリンクさせるプロジェクトでした。
成功するとバンカーにパイロットが1人いれば外にいる機械獣を操作できるというものでした。
また、彼はHIVに感染しておりAIDSを発症していました。
肺炎を患いましたが、それが原因で先が長くないことを悟っていました。
その折にプロジェクトの被験体として自分が最適であることを思いつきました。
そして倫理に反することを知りつつも自分をプロジェクトの被験体にすることを決心します。

■今回の目標

今回の目標は司令塔バンカーで発見したミッションを攻略していきます。

■ミッション:はっきり明瞭に

ミッションは「はっきり明瞭に」というミッションです。
このミッションはいつも通り、無線塔を開放するミッションです。
早速ミッションの場所に向かいました。
周りの機械獣を倒して、重要な小屋に鍵がかかっていることを確認します。
どうやらその小屋には小型機械獣がいるようです。
鍵は見つかりませんが外から攻撃できるか手りゅう弾で試してみます。
何故かあたって倒すことができました。
ただ小屋は開いていないので鍵を探します。
ミッションの説明には無線塔にパトカーが向かったことが書かれていました。
そのことから近くにパトカーがないかを確認します。
パトカーがあったので手がかりを探すと小屋の鍵を入手できました。
もう一台のパトカーには無線機がありました。そこにインタラクトするとミッションはクリアとなりました。
これによってすべての司令塔にある無線塔を開放するミッションがクリアとなりました。
これで新しいストーリーを進めるうえで重要なミッションが現れました。
そのミッションは「敵の敵」です。

■ミッション:敵の敵

このミッションを攻略していきます。
このミッションはソビエトから機械獣を無効にする端末とF0A5に入るための鍵を入手するというミッションです
早速ミッションの場所に向かいます。
とても厳重な警備が敷かれていました。
敵を全て倒すのは無理なので敵を無視して走り、手がかりを探します。
桟橋にボートがあり、そこに端末とF0A5に入るための鍵を入手しました。

これでミッションはクリアとなりました。
そして最後のミッションが現れます。「黒幕」というミッションです。

■今回のまとめ

今回はここまでとなっております。
今回もストーリーを進めるうえで重要なミッションの攻略となりました。
そして最後のミッションが現れました。
次回は最後のミッションを攻略していきます。
そのためGeneration Zeroは最後の動画となります。
お楽しみに
この記事が面白い、また見たいと思っていただけましたら幸いです。

ではでは、じゃあのー

コメント

タイトルとURLをコピーしました